2月の光滝寺キャンプ場でソロキャンプ

キャンプ

2月の平日と祝日を利用して光滝寺キャンプ場にソロキャンプに行ってきました。渓流沿いにキャンプ場があるので水の流れる音を聞きながらのんびりとソロキャンプが楽しめます。
光滝寺キャンプ場は直火で焚き火ができるキャンプ場です。直火での焚き火や当日のサイト、キャンプ飯などなど紹介しようと思います。

光滝寺キャンプ場のレポートは別にまとめましたのでこちらをご覧ください。

設営

本日のサイトです

焚き火台を使わずに直火で焚き火をするので、ムササビウィングが多少低くても大丈夫だろうと思ったのでムササビウィングを低めにして設営しました。

60cmのタープポールが3本と延長で20cmでタープポールだけだと200cmくらいです。少し斜めに傾けているので地面からの高さは180cmくらいだと思います。
後方のタープポールの高さは60cmのポール1本と延長20cmでタープポールだけで80cmです。こちらは真っすぐ立てたので80cmそのままです。

この高さだとムササビの中で立つと腰を曲げる生活です。主に高さのある前方で生活していたので特に問題なかったです。

ムササビの下はこんな感じです

ムササビウィングの下はこんな感じです。
左側にあるコーナンラックの2段を購入したことでテーブルの上がとてもすっきりしました。

防風板がないのでカセットコンロの火力はかなり風に持って行かれました。湯たんぽ用のお湯を4回沸かしたんですが、CB缶が1.2本くらい消費しました。次回から防風板は購入しようと思います。

ポップアップテントを使用してみる

いつもはノースフェイスのテントを使用しているのですが、今回はコールマンとBEAUTY&YOUTHがコラボしたポップアップテントを使用しました。
設営に時間かけずに少しでもキャンプの時間を長くしたかったので試しにポップアップテントで寝てみます。
グランドシートはいつも使っているノースフェイスのグランドシートをそのまま使用しています。

まずは刺身をいただく

気温が低いので冷たいまま

設営が完了したので早速お昼ご飯を食べます。
冬キャンプの定番でしょうか?1食目はお刺身です。来る途中のスーパーで購入した寒ブリです。
脂がのってとても美味しかったです。

残念なことにワサビを忘れてしまいました。

直火で焚き火をする準備

焚き火する場所を組みます

お刺身を食べ終わったところで焚き火の準備です。焚き火用の土台を組む石を探します。
渓流なので大きい石がゴロゴロしているので、大小10個くらい石を持ってきて写真のように組みます。

石を2段組みました。1段目は平べったい石をおいて、2段目には一回り小さい石を並べています。
石と石の小さい隙間には小石を挟んで固定させます。これでだいぶ安定します。

薪割っておきました

焚き火の土台が完成すると、メインの薪を下に敷いて焚きつけ用の薪を上に散らします。その後はバーナーで一気に火をつけます。
着火はバーナーで楽させていただきました。

直火で焚き火の完成

バーナーで一気に火を付けました。後はこの焚き火をと絶やさないように育てていきます。

焚き火で焼き肉をする

100g、500円くらいのお肉

早速、焚き火で焼き肉をします。近所の精肉店で販売していたお肉です。

焚き火で焼肉

男前グリルプレートで焼き肉します。焚き火の火力は本当に強いのですぐお肉が焼けます。
男前グリルプレートを使った感想はこちらをご覧ください。

焼き豚を作る

夜ご飯は焼き豚丼

最後は焼き豚を作りました。さらにご飯も炊いて焼き豚丼にしています。
作り方はこちらをご覧ください。

ポップアップテントで夜を過ごす

LEDライト消した写真

夜になったのでポップアップテントで寝てみます。中の広さは十分で足を広げて寝れるくらい広いです。
今回、使ってみたポップアップテントと同じ型の商品がこれです。

結論から言うと、耐水圧が全然違うのでやっぱりポップアップテントは難しいです。

林間のサイトなので夜にちょっと雨が降りました。山の天気は変わりやすいです。雨が降ったせいで朝起きるとちょっとだけ水が滴っていました。
激しい雨ではなかったのでちょっと漏れただけでしたが大雨には耐えられないです。

今回使用したポップアップテントの耐水圧は500mmです。いつも使用しているノースフェイスのストームブレイク2の耐水圧は1500mmです。
3倍違いますね。やっぱりちゃんとしたテントで寝るのがいいです。

フロアシート部分の耐水圧は1500mmです。さらにグランドシートと裏地が銀マットになってるレジャーシートも敷きました。床からの浸水は全く大丈夫でした。

いつも使っているストームブレイク2の感想はこちらをご覧ください。

光滝寺キャンプ場の感想

光滝寺キャンプ場の夜

光滝寺キャンプ場でソロキャンプは総じて良かったです。直火での焚き火ができるキャンプ場は少ないのでいい体験ができました。
地面に石がゴロゴロしているので寝る時のマットは重要だと思います。
その他、渓流を眺めながら過ごすキャンプは楽しかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました