淡路島で海辺のキャンプができる休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場

キャンプ

9月の中旬に兵庫県淡路市(淡路島)にある休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場へ行ってきました。
このキャンプ場の最大も魅力は海沿いのキャンプができること。キャンプサイトから釣りもできます!その他、サイト設備も充実していてとても人気のキャンプ場です。

利用してきたので攻略法や気になった点をまとめていこうと思います。

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場の概要

休暇村南淡路の外観

シーサイドオートキャンプ場は休暇村にキャンプ場がついています。こちらの外観が本体の休暇村のホテルです。
中には温泉や軽食がとれる喫茶などがあり、とても綺麗なホテルです。

アクセス

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場は淡路島の南側にあります。
大阪市内からだと2時間弱で到着します。ICからも比較的近いのでアクセスはしやすい方かなって思います。

地理的には福良ふくらという地域になります。目の前の海は福良湾というらしく、近くには福良港があります。
福良港からは鳴門の渦潮を見に行くフェリーが出港しています。1日に何本も出ているので時間があれば是非見に行って欲しいです。

利用料金と時間

私が利用した時の料金は以下なんですが、休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場のHPを見るとちょっと値上がりしていました。
詳細はこちらでご確認ください。

利用料
サイト使用料4200円
大人(1人)520円
子供(1人)520円
料金一覧

チェックインは12時半でチャックアウトは11時です。
レイトチャックアウトはあるらしいですが、人気すぎて前後に利用者がいるらしく、ほとんど受け付けていないみたいですね。

またチェックインが独特なのでアーリーチェックイン自体やってない気がします。

ホテル内の売店で販売しているもの

受付隣にある売店で薪売っています

受付隣にある売店で薪売っています。値段が1000円以上するのでちょっとお高いですね・・・

薪以外に販売しているもの

薪以外にも小物系はちょっとですが販売しています。

売店でビール販売しています

売店ではご当地ビールも販売しています。ちょっとお高いですが、記念にいっぱいどうでしょう?

ホテルの大浴場について

休暇村南淡路のホテルに大浴場があります。キャンプ利用者も使えるのですが、コロナの影響で利用時間が制限されており、12時〜15時の間になっています。
また、大浴場が混み合うとキャンプ利用者は利用できなくなります。なかなか立場が弱いですね・・・

ご飯食べて、焚火終了後にゆっくりと温泉に入りたい気持ちですがコインシャワーを利用するしかなさそうですね・・・

オートサイトはこんな感じ

オートサイトの全景

標準的なサイトはこんな感じです。比較的新しいキャンプ場らしいですが、芝はしっかりと剥がれておいります。
サイズはそこまで広くなくて7m×7mくらいかなって感じです。

炊事台があるので洗い物はサイト内で可能です。もちろんお湯はでません。
炊事台の隣にAC電源があります。

設営後のサイト

設営するとこんな感じです。結構ギリギリですね。前側が写ってませんが、タープを張っています。

隣との仕切りは低めの植木があるだけでツーツーですね。
目の前は海です。海水まではちょっと距離があって、サイトから釣竿をたらして釣りをすることはできません。
3mくらい向こうから海が始まります。

シーサイドオートキャンプ場内の地図

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場の全体図はこんな感じです。
大きく分けて、海沿いのサイトと山側のサイトと2種類あります。

海側のサイト

海側の特徴としては目の前が海なので景色はいいですが風が強い時があります。一番左上にあるサイト(5番〜7番サイト)はサイトのすぐ前が海なので釣りが可能です。

山側のサイト(手前側)

山側のサイトの特徴としては、海側よりちょっと高くなっているので海の景色は見れます。逆にこっちの方が景色良かったりします。
風の影響が小さく、場所によっては海側のサイトより広いです。

変形サイト

山側の一番左にある1番サイトはちょっと変形したサイトでした。長方形ではなく5角形みたいな形でなかなか設営泣かせな感じですね・・・

福良港(周辺地域)のご紹介

福良港

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場の近くに福良港があります。
ここから鳴門の渦潮クルーズが出ています。大人5000円とちょっとお高いですが、渦潮の真隣を通っていくのでスリルがあってとても楽しかったです。
時間帯によって見やすい時間があるので事前に確認することをお勧めします。

無料の駐車場があるのでご安心をー

福良マルシェ

福良港から歩いて3分くらいのところに福良マルシェがあります。福良港で獲れた魚が売ってるんですが市場みたいな感じではなく道の駅で魚売ってるって感じです。

コロナの影響なのかもしれませんが卸のお店は全てしまっていました。とても残念です。

福良港周辺以外にはほとんどお店はないです。スーパーなども周辺にないので忘れ物は要注意です。

福良港の前は閉まってますがちょっと移動すると水産会社があるので、そこで新鮮なお魚を販売されているみたいです。
別所水産、前拓水産、若男水産などがパンフレットに載っていて一般向けにも販売しているみたいですね。

独特なチェックイン方式

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場のチェックインは独特です。

チェックインは12時半から開始で、チェックイン順にサイトの指定が可能です。海に一番近いサイト(5番〜7番)が一番人気かと思われます。

で、このチェックイン順ですがホテルの受付到着順に、整理券を配布しています。この整理券の順番でチェックインしてサイトを選んでいくシステムです。
この整理券ですが、朝の7時から配布しているらしいです。かなり気合入ってますね。

要するに、希望のサイトがあるなら朝早く休暇村南淡路の受付に到着して早い整理券を獲得し12時半まで時間を潰す必要があります。
番号呼ばれた時にいなかったら飛ばされるらしいので12時半以降はホテルのロビーにいた方がよいです。

私は12時15分ごろに到着して整理番号は16番で最後の海沿いサイトでした。

到着からチェックイン時間まで時間があると思うのでサイトまで歩いて行って事前にチェックするのがお勧めです。
ただ、ホテルが山の上にあって、キャンプサイトは山の下にあるので勾配がかなり急です。

各種施設のご紹介

全体的に設備は整っていてとても充実しています。
お湯がでる炊事場がなかったと思います。見落としてたらすみません。

ゴミステーション

ゴミ捨て場

ゴミ捨て場はこんな感じです。分別は必須です。よくあるゴミ捨て場と同じような感じです。

シャワー室

シャワー質

こちらはシャワー質です。24時間営業で3分100円です。

シャワー室の中

こちらがシャワー室の中です。シャンプーやボディーソープは備えついています。

トイレ

トイレの外観

トイレはこちらです。トイレは2箇所あって、こちらはゴミステーションの隣にあるトイレです。

トイレの中

トイレの中はこんな感じです。清掃が行き届いていて綺麗ですね。こちらのトイレはウォシュレットついてなかったんですが反対側のトイレにはウォシュレットついていました。

休暇村南淡路シーサイドオートキャンプ場を利用した感想

我が家が利用した時は風がほとんどなく、海側のサイトでとても良かったです。
明るいうちしか海が見れないので夜になったら辺りは真っ暗です。
でも波の音が雰囲気あっていい感じでした。

施設面も充実していたので全体的によかったです。

強いて、マイナスを書くなら周辺エリアが物足りなかったです。新鮮な魚の卸のお店があればよかったんですが営業してなかったのが残念です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました