スノーピーク箕面自然館の雪峰祭(せっぽうさい)2019秋に行ってきました

その他

スノーピークは年に2回、春と秋に雪峰祭せっぽうさいというお祭りを行います。2019年の秋は10月19日(土)~20日(日)の2日間が開催日でした。

キャンプフィールドではいろんな出し物があり、テナント等のストアではアウトレットセールを行います。その他、限定商品の販売もあります。
大阪のキャンプフィールド(箕面自然館)は箕面市にあります。私の家から近くなので遊びに行ってきました。

箕面自然館は19日の方がメインで出し物はこちらに集中しています。残念ながら私は2日目の日曜日に行ったので出し物はほとんどなくアウトレットだけ見てきました。

雪峰祭せっぽうさいではのsnow peakの限定品が購入できる

雪峰祭せっぽうさいでは限定アイテムを販売しています。今年はタープ、マグの蓋、シェラカップ、ランプ、ストーブの5アイテムです。
お値段はスノーピーク価格というのでしょうか。お高いです。私が行ったときはタープとストーブしか残っていませんでした。値段が低いのは売り切れ状態ですね。

TAKIBIタープシールドオクタ

タープの中で焚き火をするにはタープの内側に難燃シート(インナールーフ)が必要になります。それがセットになったタープです。
焚き火の炎からインナールーフまでは1m以上離す必要がありポールの高さは280cmを推奨としています。
ただし、ポールとペグは別売りです。ペグケースとポールケースは付いていますが別売りです(笑)
オクタの名前の通りペグダウンは8か所あります。タープの中で焚き火をするのは憧れますが設営は大変そう・・・

スノーピークマグカバーブラウン(2枚入り)

マグカップに埃や虫が入らないようにする蓋です。下に引けばコースターにもなります。
φ105なので直径10cm未満のマグなら何でも使えます。シェラカップにはぎりぎり使えなさそうですね。
この商品は2枚入りです。

ミニシェラカップ 2019 AUTUMN EDITION

容量は60mlと小柄なシェラカップです。シェラカップはいろんな使い方ができるので1つ持っていてもいいかなと思います。
スノーピークはステンレスとチタンの2種類のシェラカップがありますが、これはステンレスの方です。チタンではないです。

リトルランプノクターン2019EDITION

スノーピークのテーブルランプといえばノクターン。その特別仕様です。
通常のノクターンとの違いはグロープ(炎が出る円柱のガラス部分)にスノーピークの由来でもある谷川岳の等高線が書いてあります。
等高線かい!って思わず笑ってしまいました。

スノーピークレインボーストーブ 2019 EDITION

こちらもスノーピークのレインボーストーブの特別仕様です。違いはストーブのガラス部分に谷川岳の等高線が書いてあります。等高線推しです。
ストーブ自体はトヨトミが作っているのでお墨付きです。

展示品等をアウトレットセールで安く購入

入り口にある渋めの祭

雪峰祭の一番の魅力はアウトレットセールだと思います。スノーピーク製品って高いです。品質もいいと思うんですが、それでも高いです。そんなスノーピーク製品が安く買えるとあれば買わない手はないと思います。
元々、展示していた物のアウトレットセールなので多少の汚れや傷はあると思います。原則、返品交換は不可でスノーピークのポイントも付きません。箱もないものもあります(収納袋は有)
テントやタープなどは衛生用品ではないので展示品等でも私は全く気になりませんでした。使ったら汚れや傷はすぐできてしまいますし。

ザクっと平積みされて商品が積んであります

セール対象外のものもありますが、ほとんどが20%off以上です。特にテントは40%offとかもあります。もともとの価格が高いので40%offになると割引額もかなり大きいです。
スピアヘッドPro.Lが40%off、ドックドームが20%offなどなど。割り引かれても高いですが・・・
2日目の16時頃に行ったので、品数は少なくなっていたと思います。次回からは1日目の午前中から行くのは必須になりそうです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました