値段の安いポール用ランタンハンガーってどうなのか?

ギア

タープポールに引っかけて使うランタンハンガー。いろんなアウトドアメーカーからでています。有名メーカーもあれば無名メーカーまで。
機能としては、タープポールに引っかけて何でも吊るせるハンガーなのでとてもシンプルです。とてもシンプルなんですが、メーカーによってお値段が結構違います。

失敗しても大丈夫なようにAmazonで販売している安いポール用ランタンハンガーを購入して試してみました。

ポール用ランタンハンガーの基本構造

購入したのは、4つ入りです

ポール用ランタンハンガーは両端にゴムが付いています。このゴムがポールとの滑り止めを兼ねています。とてもシンプルな作りです。
フック側にもゴムが付いているので吊るしたものが簡単に滑り落ちないようになっています。

両サイドにゴムがついています

ハンガーに何か思いものを乗せることでポール部分との摩擦が高まり、よりランタンハンガーがずり落ちないようになっています。
今回、私が購入したのはこちらのポール用ランタンハンガーです。メーカーは聞いたことがなく、4本で1000円という高コスパなアイテムです。

耐荷重は10kgでポールの太さは15~32mmまで対応しています。素材は堅いで評判のステンレス製です。触った感じは確かに堅く、簡単には曲がりそうもありませんでした。
ステンレスなので当然ですが、ちょっと重いかなという印象です。
逆に自身の重さでずり落ちないのをカバーしているのかもしれません。

ポールは村の鍛冶屋のアルミタープポールです。ポールの太さは32mmなので購入したポール用ランタンハンガーとちょうどのサイズです。

村の鍛冶屋のアルミタープポールの詳細はこちらをご覧ください。

よく聞くレビューの声

ポール用ランタンハンガーのレビューにはずり落ちた等のレビューが多くみられます。

  • だんだんずり落ちてくる
  • 何かものを吊るしてないと落ちてくるこる

この辺を中心に実験してみました。

有名メーカーのランタンハンガーと比較

いろんなメーカーからランタンハンガーは出ているので一覧にまとめました。(価格はAmazonでの販売価格です。)

メーカー(ブランド)価格サイズ
snow peak1518円27~32mm
Coleman1499円19~24mm
LOGOS990円19~22mm
CAPTAIN STAG1944円15~30mm

こちらは全て1個入りです。私が購入したランタンハンガーと比べると高いなって感じます。

LEDランタンをランタンハンガーに吊るす

LEDランタンはWAQのLEDランタンです

13時頃に設営して就寝する22時頃までずっと吊るしました。途中、角度を変えるために1度だけ触りましたが、それ以外では一切触れていません。
結果、全くずれ落ちることなく初めの状態をキープしていました。ちなみにこのLEDランタンの重さは227gです。

スキレットをランタンハンガーに吊るす

ロッジのスキレットを吊るします

続いて、重い物だったらどうなのか検証しました。ロッジの8インチスキレットです。重さは約1.5kgです。
夜に吊るして朝方まで健在でした。時間は10時間くらいだと思います。全くずれていません。重いものでも軽い物でも何か吊るしていると大丈夫そうです。

大事なのはランタンハンガーではなくてポールの太さ

ポールとランタンハンガーが密着しています

今回、使用したポールの太さは32mmです。ランタンハンガーも最大で32mmまで対応しています。
この組み合わせが一番ランタンハンガーとポールが密着します。ランタンハンガーに良し悪しがあるのではなく、ポールとの組み合わせが大事だと思います。

最近のタープポールは太いのが32mmです。それに対応するためにランタンハンガーも32mm用の仕様になっています。その結果、32mm未満のポールで使用するとランタンハンガーとの接合部分が少なくなり、ずり落ちることになるのかもしれません。

また、細いポールを使うとランタンハンガーが地面と水平ではなく、斜め下になってしまうので少し見た目かっこわるいです・・・

まとめ

今回、購入したポール用ランタンハンガーと私の持っているアルミタープポールの組み合わせだと全く問題ありませんでした。ご自身の持っているポールの太さに合わせたランタンハンガーを選ぶのがいいと思います。
ポールの太さに合っていれば、安物のランタンハンガーでも大丈夫です。snow peakのランタンハンガーは通常サイズとLサイズと選べます。

キャンプ道具って基本、高いので少しでも無名でもいいのでコスパの高い道具を購入したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました