キャンプで使うナイフはオピネルが1本あれば大丈夫

ギア

キャンプ用にオピネル(OPINEL)のナイフを購入しました。キャンプで何度か使ったので感想をまとめようと思います。

オピネルナイフとは?

オピネルナイフとは柄の部分が木製で、柄の中に刃を収納する折り畳み式のナイフです。

金具の部分が軸になり格納されます

オピネルはフランス生まれのナイフメーカーです。その歴史は何と120年ほどあり、デザインは当時のものから大きくは変わっていないらしいです。
確かに見た目は美しくシンプルでお洒落な姿をしています。1985年にヴィクトリア&アルバート博物館の「世界で最も美しい100のプロダクト」に選ばれています。
折りたたんだ姿と刃を出した姿の両方ともに美しいです。

No9のオピネルナイフ

オピネルナイフは折り畳み式のナイフなので刃が薄く強度はそこまでないです。バトニングに使ったりするのは難しそうです。
野菜を切ったり、魚をさばいたり等、強い力がかからない使い方が一番向いています。

オピネルナイフの選び方

オピネルナイフはサイズがとても豊富です。No2が一番小さいサイズで刃渡りが3.5cmとかなり小さいです。一番大きいサイズはNo13で刃渡りは22.5cmになります。
ここまでくるとナイフというより鉈ですね。実際、No13を使ってバトニングしている動画もあります。個人的にはバトニングするなら専用のやつを買った方がいいと思っています。
オピネルナイフはNoが1上がるごとにサイズが大きくなっています。

オピネルナイフで一番使われている用途が調理用です。折り畳み式なので包丁を持って行くより携行しやすいのが理由ですね。
調理用で使うならNo8~No10が一番使いやすいサイズです。No8~No10のサイズを表にまとめました。

刃渡り全体長さAmazon
No885mm194mmNo. 8
No990mm210mmNo. 9
No10100mm227mmNo. 10

どれも片手でちょうど握れるくらいのサイズです。

ステンレスとカーボンの違い

オピネルナイフにはサイズ以外に素材の違いが2種類あります。カーボンスチールとステンレスです。

カーボンスチール

カーボンスチールの最大のメリットは切れ味です。とても切れ味が良く肉などはスパスパ切れます。
ただし、カーボンスチールは錆びやすくお手入れが大変です。

比較的玄人向けのナイフというイメージです。

ステンレス

ステンレスといえば堅くて錆びに強い合金です。錆に強いのでお手入れは比較的楽で、家の包丁と変わらない程度です。定期的に研ぐくらいですね。
切れ味はカーボンスチールと比べると劣りますが特に気にならずに切れるレベルです。

こちらの方が万人受けすると思います。オピネルナイフといえばこちらのステンレス素材の方を指します。私はもちろんステンレスを購入しました。

ソロキャンプではNo9が1本あれば大丈夫

オピネルナイフのNo9を購入してソロキャン、ファミキャンで数回使用しました。
ソロキャンでは間違いなくNo9が1本あれば大丈夫ですね。
ファミキャンでは何を作るのかによりますが、量がいるので包丁が欲しくなる時があります。でも今のところオピネル1本でまかなっています。そもそもですが、我が家は事前に食材は切ってパッキングしているのでキャンプ場で刃物は使いません^^
現地で購入した食材をちょっと切るくらいなので1本で大丈夫なのかもしれないですね。

折りたたんだ刃が出ない場合の対処法

オピネルナイフは刃部を柄に格納した状態から取り出す時に、硬くて取り出せない場合があります。刃部の背中に取り出す用の引っかけるへこみがあるのですが、つかみにくくて力が入りにくいです。

この金属位の薄い部分を引っ張ります

こういう時はオピネルナイフの端の部分を堅いところにコンコンと打ち付けます。するとだんだんと刃が浮いてきます。
だいぶ浮いて指でつまめるようになったら、つまんで引っ張ります。

柄の下の部分をコンコンと叩きます

このコンコンと打つ方法はオピネルの公式の方法らしくサヴォワ打ちというらしいです。
公式サイトでも紹介されています。翻訳されていませんが、イラストでそれっぽい事をしています。

オピネルにはカラーハンドルがある

オピネルナイフの柄といえば木製ですが、プラスチック素材などもあります。木製のままで色を付けたオピネルナイフもあります。
グルキャンをするとみんなオピネルナイフを持っているので、間違って誰かが持って帰ったり、逆に他の人のを持って帰ったりします。グルキャンあるあるです。
また、人と違うカラーを持っているとちょっと優越感に浸れますね(笑)
探せばたくさんありますので、「オピネル カラーハンドル」等でGoogle検索してみると珍しいのが見つかるかもしれません。

まとめ

携帯に便利で見た目もお洒落なオピネルナイフ。ステンレス素材が錆に強く手入れが楽。みんな持っているやつです。
サイズが豊富にあるのでいろいろ選べます。豊富にありますが、結局はNo8~10に落ち着きます。
柄が木目ではないカラーハンドルもある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました