無印良品の頑丈収納ボックス(大)をテーブル化する簡単DIY

ギア

ずっとやろうと思っていた無印良品の頑丈収納ボックス(大)とセリアのすのこを使ったテーブルDIY。やっと時間が取れたので作ってみました。
作業時間はニスを塗る作業を省くと1時間くらいでできます。材料費は最低、300円(すのこ3枚だけ)で作れます。意外と簡単に作れます。自分で作ったキャンプ道具は愛着がわきますね。

完成するとこんな感じになります。頑丈収納ボックス(大)のフタを裏返して、DIYした天板2枚をはめるだけです。CHUMSのステッカーは後で貼りました。700円です。材料費より高い・・・

完成した状態

用意するもの

セリアのすのこが3枚あれば他の道具は家にあるもので代用できます。私の家にはのこぎりがないのと、どうせならニスを塗って色も変えようかと思ったのでのこぎり、ニス、ハケも一緒に購入しました。
これでも全部で600円なんでセリアってすごいです!

セリアで購入した物

セリアのすのこはサイズ違いがあるので注意が必要です。33cm×37cmがシンデレラフィットするサイズなのでお間違えないようご注意ください。

セリアで販売しているすのこは33cm×37cmを購入します。

その他、必要な道具としては木工ボンド、サンドペーパー、ペンチです。
サンドペーパーはメスティンのバリ取りして余ったやつとかで大丈夫です。私は400番のサンドペーパーでやりました。

1枚目のすのこは全て分解する

何も加工していない素の状態

すのこは3枚使い、それぞれ作業内容が違います。まず1枚目はシンプルに全て分解します。手でバキバキと破壊します。ちょっと力がいります。誤ってすのこ本体を割らないようにお気を付けください。

分解したすのこ

すのこと裏のつなぐ棒の間には釘が埋まっているのでペンチ等で抜きます。ついでにすのこ側にやすりをかけておくと最後にボンドで接着する際に綺麗にできます。

小さな釘が忍んでいます

2枚目と3枚目のすのこの角を丸くする

2枚目と3枚目のすのこは天板のベースになる部分です。角を切断して紙やすりで丸く仕上げます。のこぎりで丸く切るのは至難の業なので三角に切って、さらに角を切るのがおすすめです。

角を切って紙やすりで綺麗にする

2枚目のすのこと3枚目のすのこを下の写真のように組み合わせて隙間に1枚目の分解したすのこを入れて完成させます。

ここの隙間に分解したすのこの板を入れていきます

これが簡単な完成形のイメージです。

2枚目のすのこの切断

2枚目のすのこは端の板を切断します。板と板を繋げている裏の棒の部分は本体側に残して切断します。

裏の棒は本体側に残します

この切断した方の板は裏の棒の部分はとります。ここにも小さい釘があるので抜いておきます。この切断した小さい方のすのこも使用します。

裏についている棒も取り除きます

3枚目のすのこの切断

続いて3枚目のすのこは板と板をつないでいる裏の棒は切断する側に残して切断します。2枚目のすのこと3枚目のすのこは切断する位置が違うので注意してください。
3枚目は切断する小さい方に裏の棒が付きます。

3枚目のすのこの切断

切断面は荒くなっているので切断面は紙やすりで綺麗にしておきます。こちらの切断したすのこも使用します。

荒れているので紙やすりで綺麗にします

3枚目の切断した方の小さいすのこも2枚目同様に裏の棒はとります。これで以下の写真の状態になります。

2枚目と3枚目のすのこを合わせた状態

頑丈収納ボックス(大)に合わせてみるとこんな感じです。だいぶ完成形が見えてきます。

分解したすのこの板を乗せた状態

分解したすのこをボンドで接着

最後の工程は切断した2枚目と3枚目のすのこに、分解したすのこの板を木工ボンドで接着していきます。
2枚目に切断したすのこの、切断した側に板を接着する時は端ギリギリまで板を持って行くと3枚に切断したすのことの距離が近いので、ちょっとだけ余裕を持たせる必要があります。

3枚目とつなげた時に均等に隙間ができるように、ちょっとだけあける

こんな感じでちょっとだけ余裕を持たせないと2枚目と3枚目を繋げた時に板同士がかなり近くなってちょっと不格好です。

他のすのこは特に気にすることなく、板の間に接着していきます。

ニスを塗ってちょっと豪華に

すのこと一緒に購入したニスで色を付けます

セリアでニスも一緒に販売しています。100円なのでちょっと豪華に色も塗ってみました。
セリアのニスはかなり粘性が高いので水をちょっと入れて薄めた方が塗りやすいと思います。水で薄めると色も薄くなるので好みの色になるまで重ねて上塗りしていきます。

ステッカーが一番高かった(700円)

乾いたら完成です。早速近くの公園でデイキャンプをしてきました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました