ひよしフォレストリゾート山の家のフリーサイトでキャンプしてきたので紹介

キャンプ

梅雨がもう少しで開ける時期にひよしフォレストリゾート山の家のフリーサイトでキャンプをしてきました。梅雨が開ける直前とあり、雨が心配だったんですが当日は快晴。暑くて暑くて熱中症のなりそうでした。

ひよしフォレストリゾート山の家は宿泊施設にキャンプ場が後付けされたようなキャンプ場です。後付けなので良い点、悪い点ありました。キャンプして良かったところや悪かったところなどレポートしていこうと思います。

ひよしフォレストリゾート山の家の概要

ひよしフォレストリゾート山の家は大阪から車で1時間ちょっとで到着します。京都縦貫道の園部ICから車で10分くらいです。このICから近いのはかなり嬉しい。
ただ、近すぎてスーパーやコンビニが通り道にないのが残念です。道の駅ひよしが途中にあるんですが道の駅なので品揃えは期待できません。

ひよしフォレストリゾート山の家はコテージや宿泊施設がメインです。後付けでキャンプ施設を付けた感じですね。全体マップの左端にあるのがフリーサイトです。オートサイトはデッキサイトで2つしかありません。
キャンプ場の他にコテージや本館での宿泊ができるので、お風呂(温泉)があります。コテージが何棟かあり夏場は学生が多かった印象です。

キャンプ場が後付けなので仕方がないかもしれませんが、フリーサイトに車は乗り入れできません。オートサイトは1台まで駐車できます。駐車場からフリーサイトに荷物を持っていくのがかなり大変でした。

料金と利用時間

ひよしフォレストリゾート山の家の利用料金はとてもシンプルです。
デッキサイトとフリーサイトがあるんですがデッキサイトの方がお高くなっております。

フリーサイトデッキサイト
Aシーズン3,300円5,500円
Bシーズン6,050円7,700円
Cシーズン7,150円9,900円
ハイシーズン8,800円13,200円
利用料金

利用時間は13時〜翌11時までです。アーリーチェックインはありません。レイトチャックアウトはあるみたいですが、1時間3,000円とかなりお高いです。実質ないみたいなものですね。

近いスーパーとコンビニ

ひよしフォレストリゾート山の家から一番近い、園部ICの間にはスーパーやコンビニはありません。道の駅ひよししかありません。
園部ICから車で2分くらいのところにフレッシュバザールというスーパーがあります。ひよしフォレストリゾート山の家からは逆方向ですが車で2分なので許容範囲内かなと思います。

フリーサイト

フリーサイトの写真

ひよしフォレストリゾート山の家のフリーサイトはこんな感じです。結論から言うと、いろいろ残念ポイントがあります。
このフリーサイト、全面芝の用に見えるんですがこれは全て雑草です。しかもかなり伸びています。サンダルやハーフパンツを履くと伸びた雑草が足首に当たってかなりこそばいです。虫が這い上がってる感じもします。

広さはちょとこじんまりしています。ですが、予約の数も少ないみたいで1組みあたりの使用面積はかなり広いと思います。当日は土日利用でしたが5組だけでした。
お隣さんともかなり余裕でテントが張れたので広さはめちゃくちゃよかったです。

設営後

設営するとこんな感じです。お隣さんとの距離がかなり空いているのがわかるかと思います。

ちなみにこのバスケットゴールは謎です。誰も使ってませんでした。

洗い場がとても簡素

浅い場です

フリーサイトの洗い場はかなり簡素です。必要最低限だけ用意しましたって感じです。
流しは2つ、洗い物を置く台は右側にしかありません。夜は人感センサーでライトが光ります。

もちろんお湯はでません。立て付けが悪くスキレットやダッチオーブンなどゴシゴシ系の洗い物をすると台が揺れます。そんな感じです。

フリーサイトへは急勾配な山道を歩く

ひよしフォレストリゾート山の家が貸し出してくれる台車

フリーサイトは車の乗り入れができません。なので、駐車場からフリーサイトまで台車で荷物を運びます。その台車がかなり小さく大荷物の我が家は5往復ほどしました。猛暑の中、このピストン運動はめちゃくちゃ大変でした。

台車と荷物をロープとかで縛って高さを出して一回でたくさん運ぼうと思ったんですが、フリーサイトに繋がる道の途中に坂道があるので断念しました。

このフリーサイトと本館を結ぶ道が坂道ですが、本当に辛いです。この写真の感じの山道で、傾斜がかなり急です。この坂道が40mほど続きます。坂道の勾配が激しくて台車の前輪が浮いていました。

オートサイト(デッキサイト)

オートサイトはデッキの上にテントを立てます

ひよしフォレストリゾート山の家のオートサイトはデッキサイトになっています。サイトの数は2サイトだけ。このオートサイトだけ車の乗り入れが可能です。

デッキのサイズは6m×6mです。自立式のテントなら問題なく設営できますがテントをペグで固定するのが必須なテントだとちょっと難しいかもしれませんね。

デッキの前にちょっとだけスペースがあるのでそこにタープを張ることができます。

オートサイトの横にある炊事棟

オートサイトの隣にはトイレ兼炊事場があります。ここのトイレの中は入ってないのでわかりませんが、すぐ近くに本館のトイレがあるので私はそちらを利用しました。

本館(管理棟)

本館の入り口

こちらが本館です。受付や精算などは全てこちらで行います。フリーサイトは離れみたいになっているので、何かあればこちらに来ることになります。

本館で販売している

本館ではちょっとだけキャンプ用に物販があります。本当にちょっとだけなので忘れ物してもカバーできる感じではありません。よかったのは虫除けと虫取り網くらいですかねー

冷凍のお肉もあります

本館では冷凍のお肉とアイスクリームも販売しています。このお肉はジビエ系もあります。個人的にはアイスが良かったですね。

自動販売機のラインナップ

こちらは自動販売機です。ビール販売しているの助かります。十六茶が1つだけ150円で販売しているの謎です・・・

温泉あります

温泉

本館に温泉があります。宿泊者全員が利用する温泉なので混む場合があるみたいです。
利用時間は15時〜23時まで利用できます。コテージを利用している学生達も利用するので時間が遅くなるとかち合うかもしれません。なるべく早めの利用をおすすめします。

この温泉ですが、結構せまいです。シャワーは全部で5つくらいしかありませんでした。湯船も一つで4人くらい入ればいっぱいになりそうな感じです。
入るタイミングがとても大事だと思います。

リンスインシャンプーとボディーソープは用意されています。

脱衣所

こちらは脱衣場です。脱衣所もちょっと狭めですね。ドライヤーは小さいのが用意してあります。

本館にあるトイレ

男子トイレ

トイレはオートサイトの隣と本館にあります。オートサイトのトイレと本館のトイレは近いので本館のトイレの利用をおすすめします。

こちらの写真は本館のトイレの写真です。綺麗に清掃されています。洋式と和式の両方があり洋式ではウォシュレットが完備されていました。

ゴミは引き取ってくれる

ゴミ捨て場

ゴミは燃えるゴミ、ビン缶、ペットボトルの3種類の分別です。受付時にビニール袋がもらえます。
分別したらこちらのゴミ捨て場で捨てます。

良い点と悪い点のまとめ

まずは良い点から

  • 温泉がある
  • ICから近くて交通が便利
  • ゆったりとフリーサイトが使える
  • 予約が取りやすい(良い点なのか?)

続いて、悪い点です。

  • フリーサイトと駐車場が遠い
  • フリーサイトの入り口の坂が急勾配すぎる
  • 芝生かと思いきや雑草
  • 台車が小さすぎて荷物がいっぺんに運べない

悪い点は愚痴っぽくなってしまいましたね。温泉は本当に気持ちよかったのでめっちゃおすすめです。
総合的には、もう利用しないかなって感じです。やっぱりフリーサイトの入り口の急勾配が辛く、時間も取られてしまったのが辛いですね。

予約が取れるならスプリングひよしに行ってみたい笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました